JARCLIVE7

46 1988(昭和 63)年、沖縄本島にホテルサービスマンの紹介をするという新たな風を送り込み、現在はスチュワー ドや客室清掃スタッフの派遣業まで手掛けているのが比屋根利通会長創業の㈱プレンティーだ。新型コロナウイルス の感性拡大に伴う沖縄県内の景気後退の中、雇用関係維持に向けた活動を人材派遣4社とスクラムを組むなど、人を 大事に人の生活を守ることに徹底的に取り組んでいる。 (平成元)年は沖縄にホテルが多く開業され、電鉄系 や外資系ホテルが続々進出する中、有能なサービススタッ フの存在が必要不可欠となる中、ようやくサービスマンを 送り込むという業務が認められ、当時の那覇東急ホテル を皮切りにリージェントやハーバーランドなど続々と契約が 決まり、今では約 60カ所に及びます。また米軍基地と の出会いも大きな財産となりました。現在約 8500 人中、 2500 人が米軍基地に関わっています。 ―米軍基地とはどのようにかかわっているのですか。 ―沖縄本島を中心に人材紹介や派遣業務を手掛けら れ、約 8500 人の生活を支えていらっしゃいます。 はじめに今日に至るまでの経緯をお聞かせください。 東京のホテルオークラや新高輪プリンスホテルなどで 16 年間、配ぜん会(サービスクリエーター)にて勤めて いました。サービスの現場以外にスタッフの手配を行なう 営業部長を経験したことをきっかけに、故郷である沖縄に 戻り1988 年㈲沖縄プレンティースタッフを設立しました。 当時、沖縄ではサービスマンを外部より依頼するという仕 組みはなく苦戦を強いられました。創業した翌年の 1989 これからの人材を考える 株式会社プレンティー 〜人材派遣4 社がスクラムを組み 「人材サービス連絡協議会」を設立〜 比屋根 利通氏 ㈱プレンティー 代表取締役会長 沖縄県浦添市西原 2-4-1 P’s SQUARE 4 階 TEL:098-871-3804 URL:https://www.plenty-biz.com 大切な財産であるスタッフの生活を 守り切ることが絶対的な使命

RkJQdWJsaXNoZXIy NDU4ODgz